男性作業員

準備は事前に

引越しをした後はばたばたしがちですが、忘れないように挨拶もしておきましょう。可能であれば当日、遅くとも一週間以内には必要なところに出向いて、簡単でもいいので挨拶をしておくと後の生活もスムーズになります。

詳しく見る

ダンボール

サービス内容に注目する

引越しでの予期せぬトラブルを回避するためには、事前に挨拶を近隣住民にしておくことが重要になってきます。業者も挨拶をしてくれるのかにより、相手に与える印象には大きな違いが生まれることは確かではないでしょうか。

詳しく見る

男女

信頼でき丁寧な業者を選ぶ

引越し業者を選ぶ時には、近隣住民にもきちんと挨拶をしてくれてトラブル回避に勤めてくれるのかに注目しておくべきです。金銭面の違いだけで良し悪しを判断するのではなく、信頼できる対応の業者を選ぶようにしましょう。

詳しく見る

引越し

業者選びのポイントとは

引越し業者による料金やサービス面の違いは大きいので、よく比較し複数から見積もりを取ってから決めるようにしましょう。近隣住民への挨拶があるのかにより、予期せぬトラブル回避ができるのかに影響を与えるのでチェックしておくべきです。

詳しく見る

家族

近隣住民にギフトを準備

引越しを予定している人は、近隣住民に感謝の気持ちを伝えるために、挨拶用のプチギフトを準備しておく必要があります。1000円前後の商品であれば、気兼ねなく受け取ってもらえます。引越し当日は忙しいので、一週間ぐらい前に挨拶をしておきたいです。

詳しく見る

ご近所づきあい

トラックの模型

気負わないのがコツ

新たな生活が楽しみになってくる引越しですが、作業を終えた後には挨拶もしておこうと思うのではないでしょうか。現代社会はめまぐるしく変わっていることもあり、本当に必要なのかどうかと悩むこともあります。現在では一般的な考えとして、単身者の引越しであれば特に不要だと考える方が多く、家族での引越しなら挨拶をするという意見が多くなっています。家族での引越しであれば、長く同じ場所に住み続けますし、ご近所付き合いや地元のコミュニティなど様々なやり取りが発生してきます。それらに円滑に馴染むための取っ掛かりの一つとして、自分たちを知ってもらい、この町にいる人たちを知ることになるのです。どんな範囲で引越しの挨拶をしたらいいのか、あまりマナーが分からないこともあるかもしれませんが、一戸建てに越してきたのであれば、「両隣二軒に正面三軒、そして自宅裏の三軒」の合計周囲八軒の挨拶をしておくとベターです。マンションであれば両隣二軒と、上下の階層二軒の十字型の挨拶で構いません。両隣は顔を合わせる機会があるので分かりやすいですが、上下は騒いだりして騒音などの迷惑をかける可能性があるということで出向くことが多いです。顔も知らないままにうるさくされてしまうと誰もが腹が立ってしまいますが、子供がいる家庭であるなどの事情を挨拶をすることで知ってもらうことができます。トラブルを未然に防いだりする効果も期待できるので、最低限必要なところだけでも引越しの挨拶は済ませて起きましょう。

Copyright© 2019 快適に暮らすためには引越しの挨拶もしておこう All Rights Reserved.